スマホを落としただけなのに

スマホを落としただけなのに~映画と原作本の比較をネタバレあらすじで徹底解説!犯人アリ注意!

映画「スマホを落としただけなのに」原作本との違いを徹底比較!
ネタバレ注意!

北川景子さん主演の映画「スマホを落としただけなのに」もうご覧になりましたか?

“原作本は読んだけど、映画は見損ねた”という方、もしくは、“映画は見たけど原作本は読んでいない”という方がいらっしゃるのではないでしょうか。
また、原作本と映画それぞれでストーリーに違いはあるの?映画ではあの登場人物はどんな感じで表現されてるの?など、気になりませんか?

今回、この「スマホを落としただけなのに」原作本を読んでから映画を観た私が、原作本と映画の違いを徹底比較してみました!
そして最後に、結局のところ原作本と映画、どちらの方が面白かったのか?についてもお話しします。

ライター:瀬田かおる

avatar

ネタバレもしていますので、要注意ですよ!

東宝MOVIEチャンネル 映画『スマホを落としただけなのに』予告



【目次】
・あらすじ(ネタバレ注意)
・徹底比較のまえに
・原作と映画の違い
・最後まで見逃せない!
・おわりに

「スマホを落としただけなのに」あらすじ(ネタバレ注意)

派遣社員とし働く稲葉麻美には、富田誠という一流企業に勤める彼氏がいるのだが、ある日富田の携帯に電話すると、見知らぬ男の声が聞こえてきた。
話を聞くと、どうやら富田は携帯をなくし、それをこの電話の男が拾ってくれたようなのだ。
届けてくれるというこの男に対し、親切な人だと好印象を抱く麻美だったが、これが悪夢の始まりだった。

麻美は友人の加奈子にすすめられ、放置していたSNSへの投稿をすると次々と友達申請のメッセージが届く。
迷いながらもその申請にOKをだすのだが、その中には、富田と同じ会社に勤める小柳という男や、苦い思い出のある武井という男からのメッセージも含まれていた。
しかし、その麻美の行動は、自らを窮地に追い込むこととなるのだ。

そんな時、神奈川県警の毒島徹は神奈川県の山中で部下の加賀谷学と死体の捜索にあたっていた。
山菜取りにきていた老女の通報で事件が発覚したのだが、付近を捜索すると他にも数体の遺体が埋められていた。
しかも全員、全裸で腹部を刺されていた。
そして、全員、長い黒髪だったのだ。
身元がわかるものは何一つなく、捜査は難航する気配を見せる。

SNSに届いた友達申請のメッセージを了解した麻美だったが、小柳から徐々にエスカレートするメッセージが送られるようになった。
そして富田には身に覚えのないクレジットカードの請求が届く。
また、麻美のもとには富田が別の女性の肩を抱く写真が受信され、逆に富田のもとへは武井と麻美がキスしている写真が送れてきた。

麻美にも富田にも身に覚えのない出来事が次々とふりかかる。
いったい何故、誰がこんなことを…
見えない影におびえる麻美は、それらの出来事は富田がスマートフォンを落としてから起こっていることに気づく。


(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」制作委員会
映画の最新作品から名作まで充実のラインナップ!U-NEXT

そんな彼らに救いの手が現れる。
浦野という、ネットセキュリティの会社に勤める男だ。
SNSを通じて大学の友人から紹介してもらったのだ。
浦野は乗っ取られた富田のスマホも難なく解除し、すべての問題を解決してくれた。
やはり、富田がスマホを落とした際に情報を盗み取られ、アカウントが盗まれたことが原因だったらしい。

安堵する麻美と富田だったが、これで解決ではない。
彼らは悪夢の扉を開いてしまったのだ。

実は、富田のスマホを拾ったのはこの浦野だったのだ。
そして彼は獰猛なハッカー。
富田のスマホに登録されていた麻美に興味を抱いた浦野は、彼女に近づくために富田の個人情報を乗っ取り、なりすましのメッセージを送ったのだ。

巧妙な浦野の罠にまんまとハマった麻美は睡眠薬入りのカクテルを飲まされ、浦野に連れ去られる。
目を覚ました麻美は両手両足が鎖でつながれおり、そばには豹変した浦野がいた。
そこでようやく、これまでの不可解な出来事はこの浦野が仕組んだことを知る。
そして、浦野が連続殺人犯であることも。
いずれ自分も他の女性と同じように無残に殺されると恐怖に怯える麻美。
そして怯える麻美を見て興奮する浦野。


(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」制作委員会
動画を見るならビデオパス!月額562円で見放題

両手両足を鎖でつながれている麻美は逃げることもできず、絶体絶命のピンチ!
しかし、麻美はスマホに呼びかけ富田に電話をかけるように指示することに成功する。
スマートフォンを落としたことで恐ろしい目にあった麻美だったが、今度はそのスマホに助けれることになる。

GPSで麻美の位置をつかんだ富田は、無事に麻美を救い出すことに成功するのだが、浦野には切り札があった。
富田のセキュリティを乗っ取った際に、麻美の重大な秘密を知ることになったのだ。

麻美の重大な秘密とは…

彼女の本当の名前は「山本美奈代」。
稲葉麻美というのは美奈代の友人の名前だ。
仲の良かった二人だったが、お互い人には言えないような事情を抱えていた。
そして遂に本物の稲葉麻美は自殺してしまったのだ。
「山本美奈代」にすり替わり自殺することで、稲葉麻美として新しい人生を生きていってほしいというメッセージを残して…。

その麻美の思いを無駄にしないために、山本美奈代は「稲葉麻美」になるために整形し、新しい人生を手に入れたのだった。


(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」制作委員会
au/ビデオパス 映画やドラマ・アニメ動画が見放題

泣き崩れる麻美の横で、富田は驚愕する。
すると間もなく、居所を突き止めた警察が突入し、もみ合いの末、浦野は逮捕された。

こんな過去を背負った自分は富田に合わせる顔がないと姿を消した麻美だったが、神様は見捨てなかった。
富田から「新しい戸籍で人生をやり直さないか」と、再度プロポーズをされたのだ。
富田は全てを知ったうえで、麻美の人生を受け入れるというのだ。

これまで愛する富田にさえも言えず、後ろめたさを感じながら苦しんできた麻美はこれでようやく本当の自分に戻り、富田と人生を歩いていくことができる。

麻美の目からは安堵の涙がこぼれ落ちた。


U-NEXTなら電子書籍・映像作品がお得に気軽に楽しめる!

「スマホを落としただけなのに」徹底比較のまえに

以上がこの物語のあらすじですが、原作本と映画では違う描き方がされているシーンがあります。
そして、登場人物の設定もアレンジされているのですが、これがまたいいんです!

大抵は原作が映画化されると、その原作の素晴らしさがカットされ、“映画、観なきゃよかった…”となることが多いのですが、この「スマホを落としただけなのに」にいたっては、原作本と映画がお互いを補い合い、相乗効果が発揮されているのです!

そこで、こんなに中身の濃いストーリーを描けるなんてどういう人が作ったんだろうと、原作者や映画監督、脚本家さんについて調べてみました。

まずは、原作本について。
「スマホを落としただけなのに」の原作者は、志駕晃さん。
活字中毒な私ですが、失礼ながら初めて目にするお名前です。
それもそのはず、無名の新人さんでした。
しかし、これだけインターネットの怖さをリアリティあふれる文章で表現できるなんて何者?と、さらにみてみると、ラジオ局にて様々な番組を担当し、今では要職に就かれている方だったのです。
どうりで詳しいはずです。

そして原作本をここまで面白く映像化したのは一体、どんな人?とみてみると。
監督は中田秀夫さん。
手掛けた作品には「リングシリーズ」など。

そして脚本は大石哲也さん。
手掛けた作品は「デスノート」などがありました。
どちらも、ホラーサスペンスもので、とても人気のある作品です。
最強のタックですね。
面白くなるはずです。


U-NEXTなら電子書籍・映像作品がお得に気軽に楽しめる!

「スマホを落としただけなのに」原作と映画の違い

それではいよいよ、原作本と映画ではどこがどう違うのか、キャストごとに徹底比較したいと思います。

稲葉麻美 について

稲葉麻美役の北川景子さんについて
なんでも、原作者の志駕さんは「この麻美役には北川景子さんしかいない」と、執筆の時からイメージしていたそうです。
そして、監督はじめ製作スタッフからも熱烈なオファーがよせられ、北川景子さんは快く了解したそうです。

確かに、私も映画を観ていて原作を読んだ時にイメージしていた麻美像が北川景子さんにピッタリとハマっていて、何も違和感を感じませんでした。
これだけ暗い過去を背負っていたにもかかわらず、だらしなさを感じさせないのは、北川景子さんの持つ清潔感なのかもしれません。

暗い過去の設定に違いあり
原作本では、本物の山本美奈代は、お金のためにアダルトビデオに出演したことが実名でネットに出回ったことで誹謗中傷の嵐にあい、そのストレスを本物の麻美にぶつけるのですが、映画では、本物の稲葉麻美が美奈代名義で借金をし、借りた覚えのない借金の取り立てにあった美奈代は、そのストレスを麻美にぶつけることになっています。

原作本も映画も、本物の稲葉麻美が借金を苦に自殺するのですが、美奈代に新しい人生を生きてほしいと、山本美奈代になりすまし自ら死を選ぶことになっています。

本物の麻美の自殺した原因が、原作と映画で違うのはやはり、北川景子さんのイメージを損なわないようにという配慮があったのでしょうか。


(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」制作委員会
人気の映画、ドラマ、アニメをTSUTAYA TVで!

富田誠 について

富田誠役を演じたのは、田中圭さんです。

原作では、富田誠というのは一流企業に勤めているとはいえ、どこか頼りない男性として描かれていましたが、映画の富田誠は頼りないところもあるけれど、麻美にとって頼りがいのる男性像の方が強調されていたように思います。

その役を田中圭さんが演じることで、頼りなさはあるけど、どこか憎めない、人たらしな一面も表現できているのではないでしょうか。

そして、麻美の暗い過去を知ったうえでプロポーズしたそのセリフが心に残りました。
「彼女から(本物の稲葉麻美)もらった人生を麻美らしく生きればいい。彼女のために新しい戸籍で俺と一緒に生きよう」

このプロポーズのシーンも、原作との違いがあるのですが、原作では、面と向かって言うのではなく、LINEで麻美に伝えます。
しかし、映画では二人の思い出のプラネタリウムでプロポーズをします。
そのあとに熱烈なキスシーンもあるのですが、北川景子さんと田中圭さんのこのシーンは素敵な映像に仕上がっていました。


(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」制作委員会


加賀谷学と浦野善治 について

この事件を捜査する若手刑事の加賀谷学。

私が原作本と映画で違うと思ったのは、この加賀谷学が、一番違いを感じました。
また、この小説を映画化したことで、より中身の濃い物語に仕上げることができたのは、この「加賀谷学」の描き方を変えたことが大きかったと思います。

原作本では、先輩刑事の毒島(原田泰造さんが演じています)の部下としてあまり印象がなかったのですが、映画ではインターネット系の会社に勤めていた経歴を持つ刑事という設定になっています。
そのため、ハッカーが犯人であってもその巧妙な手口を見破ることができたのです。
そしてこの加賀谷には、母親からの愛情が得られなかったという辛い過去がありました。
その過去が残虐な犯人の浦野と重なり、この映画の大きなキモとなるのです。

浦野も母親から「あんたなんか生まなきゃよかった」と言われつづけ、愛されずに育ち、その悲しみがゆがんだ形となり、浦野の記憶にある母親の長い黒髪の女性ばかりを狙う凶悪な殺人犯となってしまったのです。

同じような境遇で育ったとはいえ、加賀谷は刑事になり「光のあたる道」を歩き、いっぽうの浦野は「影の道」を歩く。

警察に捕まり、取り調べに対して浦野が答えた「家族って何?スマホがつながってるだけで生きてると思ってるのが家族?」の言葉が彼の本心を表現しているようでした。

この加賀谷学には千葉雄大さん。そして、浦野善治には成田凌さんが演じました。

加賀谷と浦野は同じ境遇だったのに、光と影の道を歩くことにはなったけれど、ともすれば加賀谷が浦野のように凶悪な殺人犯にならないとも言えないのです。

加賀谷と浦野の光と影を表す言葉を本人が言っています。
浦野が加賀谷に向かって「僕と同類の人間だ」
そして事件が解決した後、富田のもとを訪れた加賀谷が「人を愛せるって羨ましい」
このセリフから、この二人は表裏一体だなと少し怖くなりました。


(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」制作委員会



そんな難しい役を千葉雄大さんと成田凌さんが演じたのは、実際の二人の雰囲気がとても似ているからかもしれません。
背格好やまとっている空気感、そして目つきまでもが似ている気がします。

母親の愛情が得られなかった加賀谷が、聞き込みに行った風俗嬢の黒髪を見て母親を思い出し、無意識のうちに風俗嬢の髪の毛に頬ずりするのですが、これは千葉雄大さんには失礼ですが、とてもしっくりと映りました。
千葉雄大さんのもつ母性本能をくすぐるオーラがバッチリと出ていました。

いっぽうの、成田凌さんですが、事件が発覚するまでは麻美の良き相談相手として好青年を装い、殺人犯の顔を見せる時には、その狂気ぶりを見事に演じ切っているのです。
殺人犯として演じる時に来ていた白のサマードレス。これは母親になりきる母体回帰を表現しているようなのですが、成田凌さんを見るたび、長い黒髪のかつらとともに思い出しそうです。
それほどインパクトのある役を演じていた成田亮さんのこれからの活躍がとても楽しみです。


最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

「スマホを落としただけなのに」サプライズあり。最後まで見逃せない!

映画「スマホを落としただけなのに」は、このように原作に少々アレンジが加えられ仕上がっているのですが、最後の最後にサプライズがあるのです!

プラネタリウムで、田中圭さんが演じる富田が、北川景子さん演じる稲葉麻美にプロポーズするシーン。
結婚の申し出を受け、幸せそうに手をつないでプラネタリウムを後にする富田と麻美。
観ているこちらは、「あぁ、良かった~」と思い、気を緩めていると、2人が座っていた席から映像が変わりません。代わりに映るのは一組の高校生カップル。
なんと、その高校生を演じているのは北村匠海ではありませんか!

映画「君の膵臓を食べたい」で若き日の小栗旬を演じていた俳優さんです。
なのに、今回はセリフなしの一瞬の出演。
でもそれがかえってインパクトがありました。

そして、その北村さん演じる高校生が立ち去る時にスマホを落とすのです。
そのスマホの画面には友達申請のメッセージが。
これは、続編があることを案ににおわせているのでしょうか?
実際、小説の方も続編が出ていますので、とても気になります。


(C)2018映画「スマホを落としただけなのに」制作委員会


おわりに

これが、映画「スマホを落としただけなのに」の原作本との違いです。

私が映画を観に行った日は映画公開終了間際だったのですが、館内は満席。
お客さんの年齢層も幅広かったので、この映画の人気の高さがうかがえました。

この「スマホを落としただけなのに」は、原作本のある映画を観ると内容の薄さにがっかりするのがこれまでだった私には、予想を裏切る面白さでした。

原作では、浦野が富田のスマホのセキュリティを乗っ取る際の情景が鋭く描かれていましたが、映画ではその点よりも、相反する立場である加賀谷と浦野が、母親の愛情を得られなかったという同じ境遇が深く描かれています。

ですので、原作の小説を読むだけでなく、映画も見ることで新たなひとつの物語を味わうことができる、とても見ごたえのある作品に仕上がっていました。

そして、わたし同様、自分のスマートフォンのセキュリティを確認せずにはいられなくなること間違いなしです。

ライター:瀬田かおる

avatar

最期まで読んでくださり、ありがとうございます

田中圭さん出演のけもなれの記事も読んでね!

avatar

ピックアップ記事

  1. けもなれ9話&10話(最終話)ネタバレあらすじ~心が折れた朱里(黒木華)さえない…
  2. けもなれ10話(最終話)ネタバレあらすじ~間違った晶(新垣結衣)!?最終回で朱里…
  3. SUITS/スーツ 最終回(最終話後編)あらすじ~11話視聴率10.8% 中島裕…
  4. ドロ刑-警視庁捜査三課~最終回 見逃し配信&最終話 無料動画~斑目(中島健人)見…
  5. 大恋愛10話(最終回)ネタバレあらすじ~真司(ムロツヨシ)号泣!尚(戸田恵梨香)…

au ビデオパス
[PR]

最近の記事

  1. SUITS/スーツ 最終回(最終話後編)あらすじ~11話視聴…
  2. 今日から俺は!!最終回 見逃し配信&最終話 無料動…
  3. 大恋愛10話(最終回)ネタバレあらすじ~真司(ムロツヨシ)号…
  4. ドロ刑-警視庁捜査三課~最終回 見逃し配信&最終話 無料動画…
  5. 黄昏流星群10話(最終話)ネタバレあらすじ~春輝(藤井流星)…
  6. けもなれ10話(最終話)ネタバレあらすじ~間違った晶(新垣結…
  7. リーガルV 最終回見逃し配信&最終話無料動画~小鳥遊翔子(米…
  8. 僕らは奇跡でできている(僕キセ)最終話(10話)あらすじ感想…
  9. ハラスメントゲーム見逃し9話(最終話)ネタバレあらすじ~矢澤…
  10. SUITS/スーツ10話あらすじ(最終話前編)11話予告~大…




[PR]


[PR]

2018夏ドラマ


[PR]

僕とシッポと神楽坂 見逃し配信&無料動画


[PR]

僕キセ 見逃し配信&無料動画




[PR]

黄昏流星群の見逃し配信&無料動画


[PR]

SUITS/スーツ 見逃し配信&無料動画


[PR]

最近の記事


[PR]

けもなれ 見逃し配信&無料動画


[PR]

ピックアップ




[PR]

ハラスメントゲーム 見逃し配信&無料動画


[PR]



[PR]

いいドラマどっとcomを、にほんブログ村で応援

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

  1. 僕らは奇跡でできている

    僕キセ9話&10話(最終回)あらすじ感想~育実(榮倉奈々)と一輝(高橋一生)急展…
  2. 獣になれない私たち

    けもなれ10話(最終話)ネタバレあらすじ~間違った晶(新垣結衣)!?最終回で朱里…
  3. SUITS/スーツ

    SUITS/スーツ 最終回(最終話後編)あらすじ~11話視聴率10.8% 中島裕…
  4. ドロ刑

    ドロ刑-警視庁捜査三課~最終回 見逃し配信&最終話 無料動画~斑目(中島健人)見…
  5. ハラスメントゲーム

    ハラスメントゲーム見逃し8話&9話ネタバレあらすじ~秘書(市川由衣)笑顔の裏は?…
PAGE TOP
error: Content is protected !!